Composition
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

shinya330

Author:shinya330
宮城県在住。デザイン系の大学に通う学生です。
アコギと釣りが趣味です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

メールフォーム

ゼミ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

卒制発表会

昨日、大学で卒業研究の発表をしました。やっと肩の荷が下りました。
一区切りついたということで、今日の発表を通して思ったことを書いてみます。

先日、ゼミの先生から発表するにあたっての注意事項として
「発表のとき、ジャパニーズ・スマイルは禁止!」とのご忠告を受けました。

ジャパニーズ・スマイルとは、困ったとき、嫌なとき、NOというときでも笑っているという日本人特有の微笑みだそうです。これは外国の方には、とっても奇妙にうつるとか。これを知ったとき、ちょっと考えさせられましたね。目の前でヤなことを言われても笑っていられる人ってすごいなーと、個人的に尊敬のまなざしでしたが(自分の場合、感情が顔や態度に出るタイプらしいです><)、それも善し悪しなのかなと思いました。

今回の場合、人前で発表するという照れくささ、質疑応答で返答できないことへの困惑を、笑いでごまかすな、真摯な対応をしろということですね。

とりあえず、発表と質疑応答とともに、へらへらごまかさずにしっかり受け答えしようと心がけて発表に挑みました。終わってみた感想としては、緊張はしなかったものの、質疑応答で予想内の質問をされたのにも関わらず、うまく伝えることが出来なかったのが残念でした。自分がこう思ってるのに、それが相手に伝わらないってのはホントもどかしいですね。

あと先生方に頂いたお言葉が、ハッ!とさせられるものばかりで、ものすごく実りがありました。おかげで展示会まで何をすべきかの方針を立てることが出来ました。感謝です!あらためて人に意見を頂くことの大切さを痛感させられました><

以上、思いつくままに感想を書いてみました。
これまでブログ更新さぼってきたので、もし時間があったら展示会までちょくちょく更新しようかと思います。



スポンサーサイト
卒業制作 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/02/12(金) 04:44 ]

フォント
最近、色々なデザイン書を読み漁って欧文フォントについて勉強しています。
自分が好みで使っていたフォントの歴史や、どんな場面で使われるのかがわかったりと
色々と勉強になって楽しいです。

ということで、実際に欧文フォントが使ってみたくなってきたので、
↓こちらの本を購入しました。

改訂4版 TrueType フォントパーフェクトコレクション(CDROM付) (デジタル素材ライブラリ)改訂4版 TrueType フォントパーフェクトコレクション(CDROM付) (デジタル素材ライブラリ)
(2008/01/31)
不明

商品詳細を見る


フォントが500書体ほど収録されてこの値段なのでかなりお買い得です。
欧文フォントが欲しい人にはぜひおすすめしたい一冊です。



日記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/08/23(日) 22:53 ]

Don't Disturb Card

大学のとある授業で「Don't Disturb Card」を制作するといった課題がでました。

「Don't Disturb Card」とは、ホテルの客室のドアノブにかけるカードで、
「部屋を掃除して欲しくない」ときは"Don't disturb Please"を表にして掛ける、
「部屋を掃除してもいい」ときは"Make up Room Please"を表にして掛けるカードです。これをデザインするといった課題です。

この課題、実は2年生の授業の課題と同一のもので、一度取り組んだ経験があります。
当時は何の変哲もないフツーのカードをつくりましたが、また同じようにフツーにカードを制作したらつまらないので、すこし頭をひねってまだ大学で作られてないものを考えようかと思いました。

ということで出来ました↓


●ドアノブカバー式Don't Disturb Card

nobu1.jpg
↑黒のときは、Don't disturb Pleaseを指しています。

nobu3.jpg
↑リバーシブルなので裏返して使うようになっています。

nobu2.jpg
↑裏返して、白のときは、Make up Room Pleaseを指しています。


ドアノブカバーというものは、現在ではあまり見かけなくなったというか、おそらくほとんど使われていないかとおもいます。今回はそんなドアノブカバーというモノを、新しい見方で捉えてみました。いわば使われなくなったモノのリ・デザインです。

使用する宿泊施設は、冬場のペンションなんかを想定しています。
冬場は金属性のドアノブが冷たくなるので、かぶせておくとちょうどいいかと。
静電気で痛いおもいをせずにもすみますし、案外つかえるかとおもいます。



日記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/07/08(水) 22:20 ]

パッケージ

先日、↓こちらの本を購入しました。

箱のデザイン箱のデザイン
(2006/04/26)
ジョゼップ・M. ガロフェ

商品詳細を見る

紙を使った様々な容器が135種類ほど掲載されていて、その展開図はイラレのファイルとしてCDに収録されています。

せっかくなので、その中から気に入った箱をひとつ選んで試しに作ってみました。

まずプリンタで画用紙に展開図を印刷します↓

p1.jpg p2.jpg


点線にそってカッターで切り取ります↓

p3.jpg


あとは、それをのり付けして出来上がりです↓

p4.jpg p5.jpg p6.jpg

とりあえず、そばにあったファイブミニを収納してみました。
次はもっと難易度の高い容器に挑戦しようかと思います。


卒業制作 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/06/26(金) 21:29 ]

5F

今日、ある授業で大学構内を探索しに行きました。
大学構内の普段は立ち入らないような場所をまわって見学してみるといった感じです。

大学構内にはいくつか立ち入り禁止になっている場所があったり、どこにつながっているのかよくわからない扉がちらほらとあったりで、普段生活していると「このドアの向こう側ってどうなっているんだろう?」ってすごく気になるんですよ。その謎を解消するべく、今日、実際に足を運んで自分の目で確かめてきました。

ちなみに、自分が一番気になっていたのは大学の5Fと屋上です。このあたりは完全に立ち入り禁止で、入学当初からどうなっているのか気になっていました。そこだけ写メを撮ってきたので紹介しますね。


securedownload.jpeg
↑5階入り口


securedownload-2.jpeg
↑5階の中


securedownload-7.jpeg
↑屋上入り口


↓屋上からの景色
securedownload-4.jpeg


securedownload-1.jpeg


securedownload-5.jpeg


securedownload-6.jpeg


securedownload-3.jpeg



今日はよく晴れた日で、空が澄み渡っていました。
屋上からの景色は絶景で、デジカメを忘れてきたことをかなり後悔しました。
とりあえず、卒業までに見学できてホントよかったです!



日記 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2009/06/26(金) 02:06 ]

次のページ
copyright © 2017 Composition all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。